紫外線対策!ケアしないとしみやしわが多くなり老ける事間違いなし!?

夏の時期がやってきました。日焼け止めを塗れば紫外線は、防げると言う考えはよしましょう。間違えた紫外線対策を行えば肌の奥深くまでダメージを与えるシミとしわの原因となる可能性があります。

 
市販品で昨年の日焼け止めを使ってはいけません。賞味期限は1年ですから残っているからもったいないと使うのはいけません。紫外線を防ぐ効果は衰えるからです。
他にも間違ったやり方があると聞きます。しみやしわなどが多く出て老けないよにしなくてはいけません。

全てを日焼け止めで済ませていませんか?

夏と言われている時期がやってきました。友達と日差しが強い中でかけることになりドラックストアで購入した日焼け止めを塗って出掛ける? そうですが、その日焼け止め!? 肌に合っていますか?
日焼け止めはすぐに効果が無くなります。だいたい、2~3時間で効果が薄くなります。小まめに寝る事をお薦めします。

日焼け止めには、種類があります。

日焼け止めには、種類があることを知っていますか?
UV – A とUV – B です。
UV-A派は4月から8月がピークと言います。

 
雲や窓ガラスも通り抜けやすい性質のため、曇りの日や室内、梅雨にいるときも要注意なのです。
皮膚の奥底まで真皮に紫外線が入ってSPF50+し・PA++++までブルーライト対策もしてください。

 
肌の老化の60%は光老化と言われる紫外線が原因です。紫外線を抑制するタンパク質HSP70やHSP 32などか増えると肌の老化になります。
UV-B派は、UV-Aとは逆に肌の表面が日焼けする現象の事です。

紫外線対策をおこなわないと怖い病気が待っています。

夏は、日焼けをするための季節!?私は、何もしない!? それでも構いませんが日焼けは、あまりお勧めしませんから。

 
最近やたらにほくろが増えていませんか? え!こんな場所に??? 実は紫外線Bは、皮膚を赤くする傾向にありませんか! あなたの肌を襲っている可能性があります。紫外線Bは、免疫力を低下させる効力があり癌を発生させる可能性があります。

 

必ず、日焼け止めや太陽の光に当たらないようにして下さい。日傘などを使用し熱中症にならない程度に長そでなど来て外出されてください。

紫外線を甘く見てはいけません!

紫外線対策は、ばっちりです!焼けません? 日焼け止め!長そで、長ズボン!日傘でばっちりです!?
紫外線は、種類により物を貫通するとも言われています。

 
肌だけでなく実は、目にも影響が出ます。外出時なるべくUVカットのサングラスを使われてください。サングラスを使用しないで太陽を直視すると白内障になる可能性があります。注意してください。

まとめ

紫外線は、目に見えないものです。日焼け止めは肌に優しいSPF30を使いましょう。2~3時間おきに塗りなおすし肌を守る様にして下さい。あなたの美肌を守ってください。
ここからご記入ください。

コメントを残す

あなたのメールアドレスは公開されません。必須項目には印がついています *